SurLuster Labのコーティング施工実績

シュアラスタープレミアムコーティング BMW 420i Msports F32

今回ご紹介させていただくお車はBMW 420i Msportsにシュアラスタープレミアムコーティングにてご入庫頂きました。

新車でご購入されてガラスコーティングの施工をご相談頂き、シュアラスターラボを選んで頂きました。
最初は「コーティングはやらなくていいかな?」とおっしゃっていたのですが、やはりこの時期洗車だけでは…厳しいですね。。。

毎年、「あなたの愛車も花粉症!!」なんて文字を見かけますが、あながち間違っていないと思います(^^;
写真でもわかる通り、納車から一カ月の間に一度雨に降られただけで、この状態です。
更に洗車してみると花粉シミが、既に着いてしまっていました。。。
納車されて間もないと言うに磨き作業に入る前にまずは花粉シミの除去からスタートになってしまいました。

まずは花粉シミを除去

出張スタイルの洗車だけを売りにしている業者さんに「コーティングなんか必要ありません、汚れる前に洗車、すぐに洗車すれば…」と言われ、当店にご相談にいらしたのですが、その業者さんはちょっと無責任ですね(^^;

コーティング専門店でガラスコーティングを施工しておく事で、長期にわたり愛車を様々な汚れ外的要因から守ってくれて、汚れがついてしまっても洗車で簡単に落とす事が出来ます!
洗車だけの場合、その都度、この汚れは通常の洗車では落とせないので別途料金がかかります。等とコストもかかってしまうので最初にコーティングをしておくことで、実際その後のコストダウンにつながっていきます。

before
After

ただ、決してガラスコーティングは安い物ではありません!
よく調べて、相談してから依頼して下さい。
コーティング剤より、どんな人が下地処理をするのか実際には磨きの技術の方が重要です。

シュアラスターラボではどんな些細なお悩みも相談をお受けしてますので、お気軽にご相談下さい(^^)

BMW 4シリーズ
2012年12月コンセプトモデル「コンセプト4シリーズクーペ」の概要が発表された。先に発売された3シリーズ(F30)の2ドア版で「3シリーズクーペ(E92)」の後継モデルが「4シリーズ」となる。
2013年6月市販モデルとして新型「4シリーズクーペ(F32)」の概要が発表された。
ガソリンエンジンの「428i」「435i」、ディーゼルエンジンの「420d」の3モデルがラインナップされ、「Sport」「Modern」「Luxury」「M Sport」の各デザインラインが設定された。
標準で6速MT、オプションで8速ATが組み合わされる。
ガソリン車には四輪駆動モデルの「xDrive」も用意され8速ATのみ。
2013年9月に日本市場で発表された]。2.0L直列4気筒エンジンを搭載する「428i」、3.0L直列6気筒エンジンを搭載する「435i」が導入。
「435i」は左ハンドル仕様の選択も可能。
「Sport」「Luxury」「M Sport」のデザインラインが用意された。
2014年1月に日本向けに「420i」が追加投入された。
2014年2月19日、高性能モデルである「M4」の予約注文が開始された。このモデルには別のモデルコードF82が与えられている。
2016年4月に日本仕様車のエンジンを新型のものに切り替えることが発表された。
名称は「420i」はそのままで「428i」「435i」はそれぞれ「430i」「440i」と変更。

ホイールコーティングも施工済

新車のコーティングは登録から一カ月以内のお車はコーティング価格から20,000円引き致します。

ご新規様へお得なキャンペーン実施中くわしくはこちら

神奈川県横浜市鶴見区生麦1-15-12

Tel 0120-893-128

Mail lab@surluster.co.jp

FaceBook
https://www.facebook.com/surluster.lab/

Instagram
https://www.instagram.com/surlusterlab/



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP