SurLuster LabのBlog

シュアラスターガラスコーティング メルセデスベンツ C180 ステーションワゴン S205

今回のご入庫のお車はご新規のお客様メルセデスベンツ C180 S205型のご紹介です。

新車で購入してからガラスコーティングはかけてあるのだけど、シミが気になるとお客様からご相談を受け現車確認。。。

結構重症ですね…ガソリンスタンドに付属しているプロショップで流行りのガラスコーティングを進められて一応コーティングしている様なのですが、洗車した段階でコーティングが効いていないの明白です。
そして更に状況を知らせに施工ショップに持ち込んだ所、「磨けば取れますよ!」とそのままポリッシャーで部分的に試し磨きをされたとか…恐ろしすぎます。

そしてその結果がこれです…

写真で撮れる程のぐるぐるー。です。
この磨きで入れたキズが深く入っているので厄介なんです。

格安コーティングショップとの価格の差はここにあると言っても過言ではないくらいベースコンディショニング(洗車・鉄粉除去・磨き)の作業が重要です。
この状態でコーティングまでして当日納車出来ると言うのですから驚きです。

このベースコンディショニング作業でお車の輝きはもちろんガラスコーティングの性能(艶、光沢、防汚性、耐久性)が全然変わってきます。
シュアラスターでは鉄粉を取らないでそのままコーティングすると全く効果が表れないと言うテスト結果もございます。(全てではないですが…)
ただ実際には洗車後コーティングで〇年耐久!を謳っているプロショップが多数ございます。お気を付けを下さい…

After

After

ポリッシャーで入れてくれたキズも除去完了。

ホイールもしっかり洗浄。
Before

After

リアゲートもシミが…プロに洗車を任せていたはずなのにエアーブローが甘く、あとから垂れた水でカルキシミも多数。
Before

After

今回シュアラスターラボではこちらのお車は状態が悪かった事もありましたので、2泊3日でお預かりさせて頂き細部まで仕上げさせて頂きました。

作業例
車種:メルセデスベンツ Cクラス
サイズ:M
メニュー:ガラスコーティング(親水タイプ)
ウィンドウ撥水全面
ホイールコーティング
作業日数:2日間

お客様に合わせた施工メニューをご提案致します。
お気軽にお問い合わせくださいませ。

メルセデスベンツ4代目Cクラス
EクラスやSクラスとの共通設計とした新開発プラットフォーム「MRA」を採用し全長は4,686mm(先代比+95mm)・全幅は1,810mm(先代比+40mm)・ホイールベースは2,840mm(先代比+80mm)と大きくなりCクラスで初めて全幅1,800mmを超えている。しかしボディサイズを拡大させたにもかかわらず3代目より10kgの軽量化に成功させている。
インテリア、エクステリアは新型Sクラスを彷彿とさせるゴージャスな作りでヘッドライド内のポジションランプやウインカーは、現行ラインナップと統一性を持たせたデザインとなった。Sクラスで搭載されている装備が多く搭載されておりCクラスで初のエアサスペンションを採用している。ステアリングコラムシフト、バンパー下を足でかざすとトランクが開くハンズフリーアクセスが搭載されている。

車がどんどん進化していくので、我々も置いていかれないように日々勉強です!

ご新規様へお得なキャンペーン実施中くわしくはこちら

神奈川県横浜市鶴見区生麦1-15-12

Tel 0120-893-128

Mail lab@surluster.co.jp

FaceBook
https://www.facebook.com/surluster.lab/

Instagram
https://www.instagram.com/surlusterlab/

関連記事

  1. ドン小西

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

SHOP

住 所:横浜市鶴見区生麦1-15-12
ご予約:0120-893-128
営業時間:平日 9:00 – 17:00

最近の記事

カテゴリー

カテゴリー

PAGE TOP